昔、大阪商人は、牛が「はんすう」しながら
食べるときに途切れなく流す、
細く、長い「よだれ」に因み、商いを倦まずにたゆまず、
長く続けることを戒めにしていました。

「牛のよたれ」は、これまで35年、
お客様に育てられてまいりましたが、
「よだれ」がでるほど「美味しい手作りの料理」を
ご賞味いただきながら、これからも
「飽きずに商いを続ける」ことを
変わらぬ戒めとしてまいります。